ブログ

【平成29年度 活動のようす】
2017年9月3日(日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」
の活動のようすを公開しました。

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」の受付
源流部(真駒内411周辺)に到着し、守屋先生から環境調査方法の説明をうけています
源流部の環境調査(水温・水質・流速流量等)が始まりました
子ども達も早速調査開始です
子ども達がつかまえた昆虫について説明する守屋先生
こちらのグループは水生生物の採集です
守屋講師から植物の説明に耳を傾けています
かってカワシンジュガイが生息していた場所での、ヤマメとカワシンジュガイの共生関係についての解説です
澄川1条4丁目にある取水口に到着しました。ここで下流域への流量調節を行っています
精進河畔公園内の滝の、秋にはサクラマスの遡上も見られるかも
精進川の滝付近でサクラマスについてのお話です
下流域(豊中公園沿い)での環境調査(気温・水温・PH・流速流量等)のようすです
やっぱり楽しいのは魚とり
川に入れば一日の疲れもなんのその、元気が湧いてきました
すぐにこんなに獲れたよ、
魚とりで今日の“精進川の源流から川の一生体験”は終了です


【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

サクラマスの遡上も確認されている街中を流れる精進川の源流部から下流域までを探査しながら、豊平川の支流としての「川の一生」を体験します。河川の上流から下流にかけて、水質や生息生物も変化することを確認し、環境に適応して生息する生物について学びます。

※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成29年度 活動のようす】
2017年7月29日(土)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の自然に遊んで科学する!」
の活動のようすを公開しました。

「精進川の自然に遊んで科学する」の受付です
中の島小学校さんの会議室をお借りして、挨拶、講師紹介、諸注意事項等
豊中公園沿いの精進川河畔へ移動しました
早速、調査開始です
今日の水温は何度かな?
僕たちは向こう岸の測定です
守屋講師の説明を聞きながら調査をしています
小学1年生の子も力を込めてショベルで土壌採取をしています
僕たちは水生生物採集
水生生物は石の裏側のこういうところにいるんだよ
道新の記者もカメラを構えています
ここの小砂利の中に住んでるよ
魚をゲットしたようです、ヤマメかな?フクドジョウかな?
魚もいっぱいとったし、お腹もすいちゃった

午後からは、中の島小学校さんの理科室をお借りして実験開始です
土壌動物抽出装置による土壌動物採捕の仕方を習っています
ヤマメやなんかいっぱい魚が取れました
水生生物を顕微鏡で観察しながら同定中(種類を調べること)
これはゲンゴロウの説明かな、守屋講師による水生生物のお話が始まりました
はじめに 本日のミッションは
雨が降るとpHはどなるかな
気温・水温・pHの変化の説明です
守屋講師の本日のまとめ

【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

街中を流れる精進川やその河畔林に生息する生物の観察・採集や環境調査・土壌採取、分析をとおして、自然界の仕組み(命のつながり)や河川生態系について学び、かけがえのない自然を、後世に永く残せるように、何をなすべきなのかを考えます。

※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成29年度 活動のようす】
2017年7月17日(月・海の日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
スペシャルバージョン/海の日スペシャル
「磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!」
の活動のようすを公開しました。

「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”
平成29年7月17日(月・海の日)の受付です
あいにくの雨模様、忍路の浜の確認をしています
守屋先生から観察や採集についての留意点のお話がありました
守屋先生が執筆したテキストを見ながらみんな真剣に確認をしております
3班はVサインでスタートです
4班の勇ましい雄姿
2班の面々
お母さんの胴長姿も乙なものです
5班のライフジャケットもばっちりです
1班は全員6年生、行動が早いもう採集開始
全員で採集が始まりました
もう早、ヒトデをゲットしたよ
ゲットしたのは貝やヤドカリのようです
こちらにもヤドカリや海藻が
午後の部、北大忍路実験所での守屋講師の説明が始まりました
採集した生物や海藻を観察しています
恐る恐る手で触っています
顕微鏡での観察が始まりました。ピントうまく合わせられるかな
あっつ 動いている、動いている
僕はスポイトでつかまえているんだよ
守屋先生の生命進化のお話

【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

生物の種類の多様性について、採集体験をしながら学習します。
海に棲んでいる様々な生き物を観察し、採集した生物を顕微鏡等を使って観察・同定(種類を調べる)作業をしながら、この地球上にいる生物の多様性がいかに必要か視野を広げます。

※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成28年度 活動のようす】
2016年9月4日(土)に実施されました
【まちなか生き物塾Ⅲ】
守屋 開先生の精進川の源流探査
~精進川の源流を探る~
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ねらい】

街中を流れる精進川の源流部が、どのようになっているのかを調べる。
一般的に、河川は源流部から下流まで河川勾配も緩やかになり、水量が増すとともに川幅が大きくなり、水質や生息生物も変化することを確認する。


【活動内容】

<午前実施>

  • 下流調査(気温、水温、生物等)
  • 放水路、取水口確認
  • 中流調査(気温、水温、生物等)
  • ホタルの生息域確認

<午後実施>

  • 上流調査(カワシンジュガイ生息域)
  • 源流域調査(気温、水温、生物等)

【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成28年度 活動のようす】
2016年8月6日(土)に実施されました
【まちなか生き物塾Ⅱ】
守屋 開先生と一緒に精進川の自然を究めよう
~親子で自然に遊んで科学する~
の活動のようすを公開しました。

€”子どもまちなか生き物塾が始まりました。
€”このプログラムの総合コーデネーターでもある守屋講師のご挨拶です。
€”参加者も真剣に守屋講師のお話を聞いています。
€”これから対岸に渡り河畔林で調査を行います。
€”河畔林に分け入りました。
€”最初に今日の気温を測りました。
€”みんなでしかっり調査をしています。
€”私もしっかりメモリを間違わないようにね。
€”気温の次は地温測定です。
€”高学年のグループは土壌採取に入りました。
€”次に水温測定です。
€”ボクだってしっかり測るんだから。
€”調査終わった班は、早速メダカ採りが始まりました。
€”ひげおじさんの毎土曜日やっている定点観測地点です。
€”定点観測地点から見た上流方向の風景です。
€”定点観測観測地点から見た下流方向の風景です。
€”下級生たちも水生生物の採集にはいりました。
€”調査、採集も終わりお楽しみのランチタイムです。
€”こちらもランチタイム。
€”家族全員で参加してくれました。 楽しいランチタイムです。
€”午後からの中の島小学校理科室での実験が始まりました。
€”守屋講師からの精進川の説明です。
€”ツルグレン装置(土壌動物抽出装置)のセットが始まりました。
€”こちらは高学年だけあって手つきがいいよ。
€”親子で協力して、ツルグレン装置のセット中です。
€”採集した植物の同定のため、図鑑を調べています。
€”こちらの親子も真剣な面持ちで同定中。
€”高学年は自分の力で調べるよ。
€”ツルグレン装置で抽出した土中動物が下のビーカーに集まり始めたようです。
€”こんな魚も採集していました。 調査終了後は川に戻しました。
€”この虫は何という虫かな?、昆虫図鑑を使って調べています。
€”私はサッポロマイマイをつかまえたんだけど。
€”3歳の僕だってしっかり調べるんだから。
€”ほーらこうやると虫の観察できるでしょう。
€”スポイト使って抽出した土中動物をシャーレに移しています。
€”高学年の班でも。
€”採集した土中動物の同定のため、顕微鏡を使いました。
€”ほらここにあけてみて。
€”うーん、これはなんていう虫かな。
€”しかっり観察をしています。

【ねらい】

精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組を学びます。
この体験をとおして、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えます。


【活動内容】

<午前実施>

  • 豊中公園と対岸の河畔林の調査
  • 気温、地温、水温、pH、湿度
  • 植物、動物採集、土壌採取

<午後実施>

  • 簡易ツルグレン装置を使って土壌動物
  • 採捕、土壌動物同定等

【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

1 / 1212345...10...最後 »