ブログ

【平成29年度 活動のようす】
2017年9月3日(日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」
の活動のようす『動画編』を公開しました。

・20170903源流部での環境調査(pH測定)

・20170903源流部での水生生物採集

・20170903ヤゴを採集したようです

・20170903源流部での植物観察

・下流域(豊中公園沿い)での環境調査(流速・流量測定)

・下流域での魚とり

平成29年度子どもまちなか生き物塾

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」9月3日(日)実施当日、台風の影響が心配されましたが、札幌市内の小学校16校から、子ども24人、保護者6人名が参加してくれました。精進川は源流部から下流域まで札幌市を流れています。札幌誕生の地学的なお話を交えながら、その誕生(源流部)から中の島地区での豊平川へ放流するまでの一生を植物観察・水生生物採集・環境調査(気温・水温・pH・流速流量等)をしながらたどり、河川生態系と生物多様性の重要性について理解と関心を深めました。今年のプログラムはこれで終わりですが、実施にあたって講師の先生をはじめとして、札幌市立中の島小学校並びに中の島一区第3町内会の全面的なご協力をいただきましたこと感謝申し上げます。(そら森虫)

【平成29年度 活動のようす】
2017年9月3日(日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」
の活動のようすを公開しました。

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」の受付
源流部(真駒内411周辺)に到着し、守屋先生から環境調査方法の説明をうけています
源流部の環境調査(水温・水質・流速流量等)が始まりました
子ども達も早速調査開始です
子ども達がつかまえた昆虫について説明する守屋先生
こちらのグループは水生生物の採集です
守屋講師から植物の説明に耳を傾けています
かってカワシンジュガイが生息していた場所での、ヤマメとカワシンジュガイの共生関係についての解説です
澄川1条4丁目にある取水口に到着しました。ここで下流域への流量調節を行っています
精進河畔公園内の滝の、秋にはサクラマスの遡上も見られるかも
精進川の滝付近でサクラマスについてのお話です
下流域(豊中公園沿い)での環境調査(気温・水温・PH・流速流量等)のようすです
やっぱり楽しいのは魚とり
川に入れば一日の疲れもなんのその、元気が湧いてきました
すぐにこんなに獲れたよ、
魚とりで今日の“精進川の源流から川の一生体験”は終了です

【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

サクラマスの遡上も確認されている街中を流れる精進川の源流部から下流域までを探査しながら、豊平川の支流としての「川の一生」を体験します。河川の上流から下流にかけて、水質や生息生物も変化することを確認し、環境に適応して生息する生物について学びます。

※「子どもゆめ基金」助成活動

【平成29年度 活動のようす】
2017年7月29日(土)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の自然に遊んで科学する!」
の活動のようす『動画編』を公開しました。

・20170729「子どもまちなか生き物塾」“精進川の自然に遊んで科学する!”

守屋講師から環境調査や植物採集・土壌採取の方法についての説明です

・20170729「子どもまちなか生き物塾」“精進川の自然に遊んで科学する!”

水生生物採集のようす

・20170729「子どもまちなか生き物塾」“精進川の自然に遊んで科学する!”

次々と魚がゲットされました

・20170729「子どもまちなか生き物塾」“精進川の自然に遊んで科学する!”

採集したヤマメやフクドジョウなど

・20170729「子どもまちなか生き物塾」“精進川の自然に遊んで科学する!”

守屋講師による水生生物の説明です

 

今日の精進川河畔の気温26.5℃、地温21.5℃、水温16.6℃

澄み切った青空が広がる絶好の活動日和でした。

中の島小学校さんや中の島一区第3町内会さんのご協力もあり、

参加者全員がまちなかの自然体験を満喫しました。

道新の取材も入り、7月31日の夕刊に活動のようすが掲載され、

道新電子版では動画を見ることができます。(そら森虫)

【平成29年度 活動のようす】
2017年7月29日(土)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の自然に遊んで科学する!」
の活動のようすを公開しました。

「精進川の自然に遊んで科学する」の受付です
中の島小学校さんの会議室をお借りして、挨拶、講師紹介、諸注意事項等
豊中公園沿いの精進川河畔へ移動しました
早速、調査開始です
今日の水温は何度かな?
僕たちは向こう岸の測定です
守屋講師の説明を聞きながら調査をしています
小学1年生の子も力を込めてショベルで土壌採取をしています
僕たちは水生生物採集
水生生物は石の裏側のこういうところにいるんだよ
道新の記者もカメラを構えています
ここの小砂利の中に住んでるよ
魚をゲットしたようです、ヤマメかな?フクドジョウかな?
魚もいっぱいとったし、お腹もすいちゃった

午後からは、中の島小学校さんの理科室をお借りして実験開始です
土壌動物抽出装置による土壌動物採捕の仕方を習っています
ヤマメやなんかいっぱい魚が取れました
水生生物を顕微鏡で観察しながら同定中(種類を調べること)
これはゲンゴロウの説明かな、守屋講師による水生生物のお話が始まりました
はじめに 本日のミッションは
雨が降るとpHはどなるかな
気温・水温・pHの変化の説明です
守屋講師の本日のまとめ

【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

街中を流れる精進川やその河畔林に生息する生物の観察・採集や環境調査・土壌採取、分析をとおして、自然界の仕組み(命のつながり)や河川生態系について学び、かけがえのない自然を、後世に永く残せるように、何をなすべきなのかを考えます。

※「子どもゆめ基金」助成活動

「平成29年度子どもまちなか生き物塾」
海の日スペシャル 平成29年7月17日(月)実施
“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”
忍路(おしょろ)浜、北海道大学忍路臨海実験所での活動のようす
『動画編』

・20170717「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”

忍路(おしょろ)浜での採集のようす

・20170717「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”

海の中を水中眼鏡で観察する子どもたち

・20170717「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”

おっかなびっくり!採集したヤドカリやヒトデ

・20170717「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”

お母さんたちも慣れない胴長をはいてがんばりました

・20170717「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”

北海道大学忍路臨海実験所の施設をお借りして、

採集した海の生き物の同定(種類を調べること)が始まりました

前日の大雨と低気圧の影響で水深はあがり海水は濁っていましたが、

子どもたちは元気で磯遊びを楽しみました。(そら森虫)

 

1 / 1312345...10...最後 »