ブログ

【平成30年度 活動のようす】
2018年9月2日(日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
石は語る、地質観察をとおして札幌の成り立ちを探る!
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


【子どもまちなか生き物塾】

「子どもまちなか生き物塾」は、守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。この体験をとおして生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達と共に考えるプログラムです。


【活動のねらい】

豊平川を下流から上流に遡りながら、地形、露頭や岩石の採取を行い、どの時代にどのような自然現象が起きたかを調べ、石についての種類の多様性について、採取体験をしながら学習します。採取した石を観察結果や採取した試料からわかることをグループでまとめた後に、発表し合い、それらを統合・総合化して札幌ジオストーリーをつくります。
※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成30年度 活動のようす】
2018年8月11日(土)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
精進川の源流から川の一生を体験しよう!
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


【子どもまちなか生き物塾】

「子どもまちなか生き物塾」は、守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。この体験をとおして生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達と共に考えるプログラムです。


【活動のねらい】

サクラマスの遡上も確認されている街中を流れる精進川の源流部から下流域までを探査しながら、豊平川の支流としての「川の一生」を体験します。一般的に、河川は源流部から下流まで河川勾配も緩やかになり、水量が増すとともに川幅等が大きくなり、水質や生息生物も変化することを確認し、環境に適応して生息する生物について学びます。
※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成30年度 活動のようす】
2018年7月28日(土)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
精進川の自然に遊んで科学する!
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


【子どもまちなか生き物塾】

「子どもまちなか生き物塾」は、守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。この体験をとおして生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達と共に考えるプログラムです。


【活動のねらい】

まちなかを流れる精進川やその河畔林に生息する生物の観察・採集や環境調査・土壌採取、分析をとおして、自然界の仕組み(命のつながり)や河川生態系について学び、かけがえのない自然を、後世に永く残せるように、何をなすべきなのかを考えます。
※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成30年度 活動のようす】
2018年7月16日(月)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


【子どもまちなか生き物塾】

「子どもまちなか生き物塾」は、守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。この体験をとおして生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達と共に考えるプログラムです。


【活動のねらい】

地球の生命史と生物の種類の多様性について、採集体験をしながら学習します。海に棲んでいる様々な生き物を観察し、採集した生物を顕微鏡等を使って観察・同定(種類を調べる)作業をしながら、この地球上にいる生物の多様性がいかに必要か視野を広げます。
※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

【平成29年度 活動のようす】
2017年9月3日(日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」
の活動のようすを公開しました。

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」の受付
源流部(真駒内411周辺)に到着し、守屋先生から環境調査方法の説明をうけています
源流部の環境調査(水温・水質・流速流量等)が始まりました
子ども達も早速調査開始です
子ども達がつかまえた昆虫について説明する守屋先生
こちらのグループは水生生物の採集です
守屋講師から植物の説明に耳を傾けています
かってカワシンジュガイが生息していた場所での、ヤマメとカワシンジュガイの共生関係についての解説です
澄川1条4丁目にある取水口に到着しました。ここで下流域への流量調節を行っています
精進河畔公園内の滝の、秋にはサクラマスの遡上も見られるかも
精進川の滝付近でサクラマスについてのお話です
下流域(豊中公園沿い)での環境調査(気温・水温・PH・流速流量等)のようすです
やっぱり楽しいのは魚とり
川に入れば一日の疲れもなんのその、元気が湧いてきました
すぐにこんなに獲れたよ、
魚とりで今日の“精進川の源流から川の一生体験”は終了です


【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

サクラマスの遡上も確認されている街中を流れる精進川の源流部から下流域までを探査しながら、豊平川の支流としての「川の一生」を体験します。河川の上流から下流にかけて、水質や生息生物も変化することを確認し、環境に適応して生息する生物について学びます。

※「子どもゆめ基金」助成活動


【過去の年度の「活動のようす」をご覧になる場合】

ブログ」の「テーマ別」より、ご覧になる「○○年度 活動のようす」をお選び下さい。

1 / 1312345...10...最後 »