ブログ

【平成29年度 活動のようす】
2017年7月17日(月・海の日)に実施されました
子どもまちなか生き物塾
スペシャルバージョン/海の日スペシャル
「磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!」
の活動のようすを公開しました。

「子どもまちなか生き物塾」“磯遊びをとおして生命進化の神秘を探る!”
平成29年7月17日(月・海の日)の受付です
あいにくの雨模様、忍路の浜の確認をしています
守屋先生から観察や採集についての留意点のお話がありました
守屋先生が執筆したテキストを見ながらみんな真剣に確認をしております
3班はVサインでスタートです
4班の勇ましい雄姿
2班の面々
お母さんの胴長姿も乙なものです
5班のライフジャケットもばっちりです
1班は全員6年生、行動が早いもう採集開始
全員で採集が始まりました
もう早、ヒトデをゲットしたよ
ゲットしたのは貝やヤドカリのようです
こちらにもヤドカリや海藻が
午後の部、北大忍路実験所での守屋講師の説明が始まりました
採集した生物や海藻を観察しています
恐る恐る手で触っています
顕微鏡での観察が始まりました。ピントうまく合わせられるかな
あっつ 動いている、動いている
僕はスポイトでつかまえているんだよ
守屋先生の生命進化のお話

【子どもまちなか生き物塾】

守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。


【活動のねらい】

生物の種類の多様性について、採集体験をしながら学習します。
海に棲んでいる様々な生き物を観察し、採集した生物を顕微鏡等を使って観察・同定(種類を調べる)作業をしながら、この地球上にいる生物の多様性がいかに必要か視野を広げます。

※「子どもゆめ基金」助成活動

【平成28年度 活動のようす】
2016年9月4日(土)に実施されました
【まちなか生き物塾Ⅲ】
守屋 開先生の精進川の源流探査
~精進川の源流を探る~
の活動のようすを公開しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ねらい】

街中を流れる精進川の源流部が、どのようになっているのかを調べる。
一般的に、河川は源流部から下流まで河川勾配も緩やかになり、水量が増すとともに川幅が大きくなり、水質や生息生物も変化することを確認する。


【活動内容】

<午前実施>

  • 下流調査(気温、水温、生物等)
  • 放水路、取水口確認
  • 中流調査(気温、水温、生物等)
  • ホタルの生息域確認

<午後実施>

  • 上流調査(カワシンジュガイ生息域)
  • 源流域調査(気温、水温、生物等)

【平成28年度 活動のようす】
2016年8月6日(土)に実施されました
【まちなか生き物塾Ⅱ】
守屋 開先生と一緒に精進川の自然を究めよう
~親子で自然に遊んで科学する~
の活動のようすを公開しました。

€”子どもまちなか生き物塾が始まりました。
€”このプログラムの総合コーデネーターでもある守屋講師のご挨拶です。
€”参加者も真剣に守屋講師のお話を聞いています。
€”これから対岸に渡り河畔林で調査を行います。
€”河畔林に分け入りました。
€”最初に今日の気温を測りました。
€”みんなでしかっり調査をしています。
€”私もしっかりメモリを間違わないようにね。
€”気温の次は地温測定です。
€”高学年のグループは土壌採取に入りました。
€”次に水温測定です。
€”ボクだってしっかり測るんだから。
€”調査終わった班は、早速メダカ採りが始まりました。
€”ひげおじさんの毎土曜日やっている定点観測地点です。
€”定点観測地点から見た上流方向の風景です。
€”定点観測観測地点から見た下流方向の風景です。
€”下級生たちも水生生物の採集にはいりました。
€”調査、採集も終わりお楽しみのランチタイムです。
€”こちらもランチタイム。
€”家族全員で参加してくれました。 楽しいランチタイムです。
€”午後からの中の島小学校理科室での実験が始まりました。
€”守屋講師からの精進川の説明です。
€”ツルグレン装置(土壌動物抽出装置)のセットが始まりました。
€”こちらは高学年だけあって手つきがいいよ。
€”親子で協力して、ツルグレン装置のセット中です。
€”採集した植物の同定のため、図鑑を調べています。
€”こちらの親子も真剣な面持ちで同定中。
€”高学年は自分の力で調べるよ。
€”ツルグレン装置で抽出した土中動物が下のビーカーに集まり始めたようです。
€”こんな魚も採集していました。 調査終了後は川に戻しました。
€”この虫は何という虫かな?、昆虫図鑑を使って調べています。
€”私はサッポロマイマイをつかまえたんだけど。
€”3歳の僕だってしっかり調べるんだから。
€”ほーらこうやると虫の観察できるでしょう。
€”スポイト使って抽出した土中動物をシャーレに移しています。
€”高学年の班でも。
€”採集した土中動物の同定のため、顕微鏡を使いました。
€”ほらここにあけてみて。
€”うーん、これはなんていう虫かな。
€”しかっり観察をしています。

【ねらい】

精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組を学びます。
この体験をとおして、生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で、後世に残せるように、何をなすべきなのか、子ども達とともに考えます。


【活動内容】

<午前実施>

  • 豊中公園と対岸の河畔林の調査
  • 気温、地温、水温、pH、湿度
  • 植物、動物採集、土壌採取

<午後実施>

  • 簡易ツルグレン装置を使って土壌動物
  • 採捕、土壌動物同定等

【平成27年度 活動のようす】
2015年10月4日(日)に実施されました
森の番人・薄井 五郎博士の
『森の生き物のつながり探し』
“鳥や獣を利用する植物の知恵を学ぶ”
の活動のようすを公開しました。

€”森の番人・薄井五郎博士の『森と生き物のつながり探し』の当日の受け付けが、始まりました。
€”今日は子ども26名、保護者15名、合計41名の参加者です。
€”道民の森(月形地区)の樹齢80年のエゾアカマツ林に、到着しました。
€”下村講師と3班のメンバーです。
€”開本講師と2班のメンバーです。 土の状態を確認しているのでしょうか。 ふわふわでした。
€”苗木が植えられています。 下村講師、何を説明しているのでしょうか。
€”柳生講師と4班のメンバーです。
€”このエゾアカマツ林で、薄井塾長はキツネやタヌキ、リス等の動画撮影を夜間行っています。 当財団HP「一押し紹介」をご覧ください。
エゾアカマツ林を後にして、€”バスで神居尻の研修所へ向かいました。
€”研修所の到着しました。 「道民の森」神居尻地区の自然観察の準備をしています。
€”神居尻の自然観察コースへ入り、薄井塾長から説明を受けています。
€”もうちょっとこっちへ来て、説明するよ。
€”3班のみなさんと下村講師です。
€”4班の皆さんと柳生講師です。
€”どこへ向かっているのでしょうか。
€”散策コースの案内図。
€”朽ち果てた根があり、アリの巣になっていました。
€”ここを見てごらん、タヌキのフンだよって言っているのかな。
€”これは、どんな動物が食べたのかな? わかるかな?
€”薄井塾長が手にしているのは何ですか?
€”こっち側に食われたあとがあるよ。 食べたのは、どの動物かな?
€”キツツキがあけた穴のようです。
€”ここにも。
€”きれいな赤い実だね。この実は、なぜ赤いのだろう?
€”この実は、どうしてこんな目立つ赤になっているのだろう。 ヒントは、人間の目と昆虫や動物の色の識別の違いにあります。
€”もっと上へいってみよう。
€”講師の方々は、道民の森ボランティア協会のみなさんです。
€”木の根っこです。 こんなとこが、クワガタムシは好きなんだけど。
€”さあ、元気出してもう少し歩こうと、森の探査は続きます。
€”これは食べられるキノコかな?
€”森の探査は終わりました。 探査後の感想は「山ばっかり歩いたけど、楽しかった」
€”ああ、お腹すいた。やっとお昼にありつくことができました。
€”薄井塾長の「森の生き物」のお話が始まりました。
€”お腹いっぱいになって、少し眠たそうかな。
€”記念植樹が始まりました。
€”高橋講師から植樹の仕方についてのお話がありました。
€”僕はお母さんと一緒に協働作業をしました。
€”私はお父さんと。
€”僕は男だから一人で大丈夫。頑張るぞ。
 

【塾長 薄井 五郎博士から子ども達へのメッセージ】

町から離れた森の中を歩いてみましょう!
そこでは獣、野鳥、昆虫などが、深くつながりあって生活しています。
また、木や草のタネをひろげる役も果たしています。
植物や生き物たちの驚くほどの知恵を、お友達と一緒に感じてみませんか。


【活動内容】
  • 森の探査
  • 生き物の生活の場「森」を見る眼を養う
  • 植樹体験

※「子どもゆめ基金」助成活動

【平成27年度 活動のようす】
2015年9月6日(日)に実施されました
鈴木 哲夫館長の『地球』不思議発見!
“地球のお腹をちょっと覗いてみよう”
の活動のようすを公開しました。

€”『地球塾』2回目の受け付けが始まりました。
€”今日の不思議発見!は「金銀鉱床の不思議にふれること」です、と鈴木塾長の車内での説明です。
€”手稲西小の「鉱山の部屋」に到着しました。
€”早速、当時の人々の手稲鉱山での作業の様子を見学しました。 クレッグハンマーを使って鉱石を掘削する様子です。
€”鈴木塾長からも、説明をうけています。
€”1班7名の面々です。 ヘルメット姿が凛々しくみえます。
€”2班6名の面々です。 ヘルメットちょっとくるくる回るのかな。
€”3班7名の面々です。 5年生と6年生の班なので、少し大人っぽく見えるかな。
€”4班6名の面々です。 紳士・淑女グループです。
€”手稲鉱山跡へ向かって登り始めました。
€”手稲鉱山の元所長さんから説明を受けています。
€”早速、金銀鉱石の採取体験です。
€”石を足で抑えてハンマーを打ち付けています。
€”ほら、この辺をたたいてご覧と言っているのかな。
€”鉱石採取は続きます。
€”上から見下ろすとこんな風景です。 あっちこっちで採取した鉱石の鑑定も合わせて行っています。
€”力を入れて石をたたくよ、両手に力が入ります。
€”ここに、金は混じっているのかな。
€”これは金らしいよ? こっちも本物よ。
€”ほら、これを見てごらん。この部分が金鉱石だよって言っているのかな。
€”廃坑後の、水処理のための斜坑を観察させてもらいました。
€”斜坑内は、こんなパイプがひかれています。
€”斜坑内風景です。
€”導水管。
€”見学を終えた滝の沢斜坑の入口です。 水処理は、永遠に続けなければならないとのことです。
€”午前のプログラムを終了し、近くにの公園でお弁当を食べている風景です。 ああ、お腹すいちゃったんだから。
€”午後からは山の手博物館さんで、ワークショップが始まりました。
€”こちらでは鉱物の見分け方の学習です。
€”鉱物を見分けるのには、硬度を調べる方法もあるね。
€”みんな真剣な顔で聞いています。
€”もくもく上がっているのは火山爆発の噴煙かな。
€”鈴木哲夫塾長からも直々の講義を受けています。 鈴木塾長は石好きが高じて、私設の博物館を作りました。
€鈴木塾長が作った山の手博物館で、みんな講義を受けています。
€”岩石の名前を決めるためには、こんなことが必要になるんだよ。
€”鉱物を見分けるために硬度を測っています。
€”私もしっかり力を入れて硬度を調べているんだよ
€”今度は顕微鏡で確認をしています。
€”この鉱石はっと、ルーペを使って鑑定名人の鑑定が始まりました。
€”標本には、こんなことをちゃんと記録しておかなければならないんだよ。
€”最後に、山の手博物館さんで用意してくれた標本をお土産にもらいました。 大切に活用してね。

【塾長 鈴木 哲夫館長から子ども達へのメッセージ】

何かにチャレンジし続ける心を持ったもらいたい。
自分の力で何かを見つけたときの喜びは、かけがいのないものだ。


【活動内容】
  • 金銀鉱床の不思議にふれる
  • 手稲西小「鉱山の部屋」見学
  • 手稲鉱山跡周辺で鉱石などの鉱物採取
  • 山の手博物館で採取してきた岩石や鉱石の鑑定方法の学習、標本作成

※「子どもゆめ基金」助成活動

2 / 1312345...10...最後 »