ブログ

【平成29年度活動のようす 公開】
9月3日に実施した
「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」

【平成29年度 子どもまちなか生き物塾】
オリジナルバージョン/精進川の水生生物と命のつながり
〜精進川の源流から川の一生を体験しよう!〜

実施:平成29年9月3日(日)
場所:精進川最上流域・中流域・下流域

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」の受付
源流部(真駒内411周辺)に到着し、守屋先生から環境調査方法の説明をうけています
源流部の環境調査(水温・水質・流速流量等)が始まりました
子ども達も早速調査開始です
子ども達がつかまえた昆虫について説明する守屋先生
こちらのグループは水生生物の採集です
守屋講師から植物の説明に耳を傾けています
かってカワシンジュガイが生息していた場所での、ヤマメとカワシンジュガイの共生関係についての解説です
澄川1条4丁目にある取水口に到着しました。ここで下流域への流量調節を行っています
精進河畔公園内の滝の、秋にはサクラマスの遡上も見られるかも
精進川の滝付近でサクラマスについてのお話です
下流域(豊中公園沿い)での環境調査(気温・水温・PH・流速流量等)のようすです
やっぱり楽しいのは魚とり
川に入れば一日の疲れもなんのその、元気が湧いてきました
すぐにこんなに獲れたよ、
魚とりで今日の“精進川の源流から川の一生体験”は終了です


・20170903源流部での環境調査(pH測定)

・20170903源流部での水生生物採集

・20170903ヤゴを採集したようです

・20170903源流部での植物観察

・下流域(豊中公園沿い)での環境調査(流速・流量測定)

・下流域での魚とり

平成29年度子どもまちなか生き物塾

「精進川の源流から川の一生を体験しよう!」9月3日(日)実施当日、台風の影響が心配されましたが、札幌市内の小学校16校から、子ども24人、保護者6人名が参加してくれました。精進川は源流部から下流域まで札幌市を流れています。札幌誕生の地学的なお話を交えながら、その誕生(源流部)から中の島地区での豊平川へ放流するまでの一生を植物観察・水生生物採集・環境調査(気温・水温・pH・流速流量等)をしながらたどり、河川生態系と生物多様性の重要性について理解と関心を深めました。今年のプログラムはこれで終わりですが、実施にあたって講師の先生をはじめとして、札幌市立中の島小学校並びに中の島一区第3町内会の全面的なご協力をいただきましたこと感謝申し上げます。(そら森虫)


以前の「活動のようす」はこちらからご覧頂けます。
閲覧には「FlashPlayer」が必要となりますので、
お持ちのパソコンにてご覧下さい。
モバイル表示には対応しておりませんので、ご了承下さい。
※今後対応予定